アドイノベーション株式会社

アドイノベーション株式会社

taptica

2019年のモバイル広告戦略を立てるいくつかの要素

2019.01.30

翻訳元:https://blog.taptica.com/report-app-install-ad-spend/

世界中で使われているモバイルアプリ広告効果計測ツールを提供するApps Flyer(アップスフライヤー)のレポートによると、アプリのインストールに使われる世界全体での広告は2018年から2020年にかけて65%増える見込みで、来年だけでもその広告費は641億ドル(約7兆260億円)に成長すると予測されています。*$1=109.62円計算

また、広告経由のインストールは2020年までに110%増加すると予測されています。

上記の数字は、アプリの広告費が右肩上がりで成長し続ける事を予測しており、また、同時にアプリの広告市場が今後さらに激戦区となっていくことも予測しています。

まずは、現状のアプリインストールの成長に影響する広告アトリビューションの4つのポイントを紹介します。アトリビューションを知ることにより、今後の戦略を立てるヒントとなります。

•ゲームとECアプリのインストール数はさらに拡大

ゲームとECアプリに人気が集中しています。この2つのジャンルのみで広告トラフィックからのインストールは約44%を占めています。ゲームとECアプリのユーザーが増えることと平行して広告費が増えていくことは必然と言えます。

•デバイスタイプやアドテクノロジーの向上

モバイル上での技術の向上、また、デバイスの種類が増えていくことにより広告費全体を押し上げていきます。

AR(拡張現実)や折り畳み式スマホ(フォルダブルスマホ)の利用者が増えることにより、アプリ広告市場が拡張され数字に表れてきます。また、これにより広告の種類が次世代広告へ移行したり、広告費の報酬形態の変化、プレイアブル広告やパーソナライズド広告の成長を促します。

•増大するデータ量が、インストール数に影響

データの収集技術が上がり、データドリブンマーケティングが進むことにより、潜在的なユーザーを獲得する可能性の高いSpotifyやHuluのような動画や音楽のストリーミングアプリはエンゲージメントを上げ、インストール数が増えていくと予想されます。

当然ながらデータ量が増えることにより、すべてのジャンルのアプリ広告の活性化にも繋がります。

2019年のモバイルマーケティング戦略は?

上記アトリビューションのポイントを踏まえて、今年のマーケティングはどのように戦略を立てると効果的でしょうか。アプリ広告市場で競争力を維持する為には、広告の予算配分を慎重に行うことが成功への鍵になります。それは、自然流入と広告経由トラフィックのバランスを最適にとることです。

では、現在のデジタルエコシステム上で、どのように最適な予算配分をするかを米国のアプリ市場を基に考えてみます。

•信用できる口コミ

25才~34才の37%は、ブランド信頼性は、企業ブランドの広告よりも、インフルエンサーの口コミを見て判断する傾向にあるという調査結果があります。自然流入のインストールを増やすには、インフルエンサーマーケティングを強化し、オーディエンスが必要としている情報をユーザーに届ける必要があります。

•正しいユーザーに正しい広告

インターネットユーザーの71%は、自分の興味、関心、購買傾向に合う広告を好むと回答しています。つまり、存在する多種多様な広告のノイズの中から正しいオーディエンスを掴むには、最適な広告を正しいユーザーに配信する基本の見直しが大切です。

•検索から来るユーザーを掴む

Apple社は、アプリインストールの60%はApp Store内で直接検索されてインストールされているとレポートしています。アプリの認知度をストア内で高めるにはApple Search AdvancedやBasicを利用して、オーディエンスにリーチする方法が有効的です。

•フラウド対策

米国広告協会(ANA)のレポートよると、2017年の時点のアメリカではフラウド広告により65億ドル以上(約7125億円)の広告費の損失が出ていると報告されています。広告費の予算配分同様に、フラウド対策に投資することが大きな意味を持つようになってきました。フラウドはできるだけ事前に防止し、信頼できるパートナーとキャンペーンの段階別にパフォーマンスをモニタリングすることは必須です。*$1=109.62円計算

•人気のある広告タイプを活用する

ミレニアルとZ世代にリーチする事は、アプリの認知度向上には欠かせません。この世代にリーチすることにより、アプリがどれだけ注目され成功するかにかかってきます。若い層に人気な動画やVR・ARを使った広告が有効と考えられます。

2019年のキックオフは、右肩上がりのアプリ広告費を慎重に、着実に継続して成長を図れる戦略を確立させる基本が重要です。また、データの細分化やデータ収集の技術はこれからも高度化していきます。どのようにデータを活用させキャンペーンを成功させるかは今後も重要な課題になります。

戦略を確立させ、データと最先端のクリエイティブを活用してキャンペーンを成功させる。基礎基本がやはり大切です。

モバイル広告出稿のご相談は、弊社までご連絡ください。