スタッフインタビュー

サッカーでいうとボランチでいたい。/ 執行役員 Adinno Lab室長 細川 竜馬

アドイノベーションは、脚元のビジネスを観ながら堅実に稼げるところを固めた上で、新しいことをしているイメージ。

細川さんはどのようにアドイノベーションに入られたんですか?

細川

ファウンダーとは私が広告代理店時代に一緒だったんですが、当時彼らは営業畑にいて、私はメディアプランイングを行なっていました。
彼らが創業した後も定期的に飲みに行ってたんですよ。創業時から一緒に仕事できたらいいねーと誘われていたんですが、1年ほど前に本格的に誘われて今にいたります。

実際入ってみてアドイノベーションはどうだったんですか?

細川

入ってみてファウンダーの2人のイメージのままなので違和感はなかったですね。仕事の関係性は昔から変わっていないです。

細川さんからみてアドイノベーションはどういった会社ですか?

細川

質実剛健なイメージがありますね。そんなにお金を使わずに脚元のビジネスを観ながら堅実に稼げるところを固めた上で、新しいことをしているイメージがあります。
一攫千金のイメージがあるスマホ界隈の会社とは違う雰囲気があって、お客様からも一定の評価をいただいています。

基本的にNo2が好きなんで、自分よりも若い人を助けられるようなポジションにいたいですね。

細川さんご自身の今のお仕事はなんですか?

細川

これから販売するのがシステムなので、システムソリューションの企画設計を今行なっています。ソリューションの企画は今年に入ってからですね。それまではメディアコンサルティングを1人で行なっていました。

細川さんは将来どうありたいとかありますか?

細川

基本的にNo2が好きなんですよ。そこ目指してると食いっぱぐれないじゃないですか(笑
最終的にはそこが好きなんで自分よりも若い人を助けられるようなポジションにいたいですね。事業の裏側の立て付けやうまく回るような仕組みづくりをしていたいですね。
サッカーでいうとボランチですかね。ボランチでいたいけど、今は前に出されてます(笑

どんな人がアドイノベーションに入ってくるといいですか?

細川

一緒にするのであれば自分で仕事を見つけられる人ですね。
整理とか仕組みやモノがないことに気付いて組み立てられる0を1にすることが好きな人。自分の思い通りに創れることを好きな人は楽しんで仕事できると思います。

応募・採用に関するお問い合わせ

応募・採用に関するお問い合わせ